どもりを治すには?

どもりの治療を受けるには?

吃音症とは、「わわわたしは」などと同じ発音を繰り返してしまったり、「わーたしは」などと最初の子音を引きずってしまう発声障害のことです。ぞくにいうドモリですね。吃音症は幼い頃に発声や言葉に注意されたことをプレッシャーとして受け止め、気をつけようとしてストレスになり、習慣やクセのように根付いてしまうことで起こります。

 

一旦クセがついてしまうと、発声のように極々当たり前で自然なものは修正をするのがとても困難です。吃音症は自然には治りにくいと言われていますので、吃音の病院などで専門的な治療を受けることが大切です。吃音の病院では主に発声訓練などを治療としています専門的な発声訓練を受けられますので、長年根付いてしまった吃音を無理せずしっかりと矯正していけると思います。吃音の病院以外にも、吃音専門の施設などもありますので、悩んでいるようでしたら一度真剣に向き合って治療を考えてみてはいかがでしょうか。話すということは、生活には欠かせませんからね。