いろいろなタイプがある吃音症

吃音症のタイプは主に3つ

吃音症という症状をご存知でしょうか。吃音症とは、発声に関する障害のことです。吃音の種類は大きく分けて3つあります。1つ目は「わわわたし」など、最初の言葉を連続して発音してしまうものです。2つ目は「わーたし」など、最初の言葉を引きずって発音してしまうものです。3つ目は「わ、……」など次の言葉が出てこなかったり、わ、すら言えなくなってしまう症状です。

 

吃音の種類の1つ目と2つ目からのプレッシャーが重なって、吃音の種類の3つ目が出てきやすいようです。たかが発声、と思ってしまうかもしれませんが、本人にとってはとても重大な問題です。そして、常にわわわたしなどとどもってしまっていれば、きっと誰かから指摘を受けたり笑われてしまうこともあるでしょう。真剣に話そうとしているのに1度でもそれを笑われてしまったら、大人でも深い傷になることでしょう。吃音症は病院や専門施設での発声訓練で改善が期待出来ますので、参考にしてみてください。