アスペルガー症候群

アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群というのは、一つの発達障害ですが、吃音の症状がこの症状の場合にも多く出やすいようです。アスペルガー症候群は、基本的に三つの社会性、会話能力、想像力の分野で自閉的な特性が見られる一つの発達障害です。

 

アスペルガー症候群の方は、普通の人のように対人関係を持つことが基本的に大変難しく、また他の人の気持ちを推察するという能力などが非常に弱いものです。原因の一つとして、心の理論障がいがあると言われています。

 

アスペルガー症候群の方は、このように他の人に対して言葉を使って物を伝えることが得意ではないため、吃音の症状をしばしば伴うことがあります。 自分が得意とするような分野に関することについては、相当詳しい知識を持っていることが多くあります。

 

しかし、人の気持ちを推察することが基本的にはできないために、相当偏ったような、普通の人から見た場合には自分勝手に解釈したと思えるような言葉を次々に話し出します。でも、話をしている途中で吃音の症状が現れてくるために、集中して話を行うことができないというようなことが、アスペルガー症候群の方の特徴です。

 

また、自分の興味がないようなものに関しては、興味を全く示さないということもあるため、良く気が付くような会話というのは非常に苦手になります。そのため、アスペルガー症候群の方は、たとえ努力して会話を行ってみようとしても、吃音の症状が出るためにあまり長く続かないことが多いようです。

 

吃音を克服するだけなら、中村しょうのMRM吃音改善プログラムを利用すればいいでしょう。中村しょうについては別のページで詳細を説明しています。